電力フィッティングとは何ですか?それはなんのためですか?

まず第一に、電力設備が「電力ネットワーク」で使用される重要な部品であることは明らかです。フィッティングを理解する前に、まず電力ネットワークの特性を理解する必要があります。
私たちの電力システムには非常に多くの交差するノードがあるため、比喩的に「グリッド」と呼ぶことがよくあります。では、「ネット」としてのグリッドは、クモの巣、ワイヤーネット、漁網と何が共通しているのでしょうか。
ネットワークは線が交差するときにのみ形成され、ネットワークを安定させるには、線の交差を修正する必要があります。つまり、「ノード」を修正する必要があります。そうしないと、ネットワークが存在しなくなります。この特性は、多くの送電線と配電線で構成される複雑なネットワークである電力ネットワークにも当てはまります。すべての変電所、さらにはすべてのベースタワーでさえ、電力ネットワークの「ノード」と見なすことができます。
点線のボックスは電力ネットワークです。この図から、大規模な電力網全体に電力網の中間ノードを構成する変電所が多く、電力網の幹線を支える電柱や塔が多いことがわかります。電気エネルギーの伝送には導体の接触が必要であり、大電力の下で十分な通電領域が保証される必要があります。つまり、電力網の機器と導体および他の導体との間の良好でしっかりした接触が保証される必要があります。
金製品の概念を見てみましょう。
鉄、アルミニウムまたはアルミニウム合金およびその他の金属付属品の電力線、昇圧変電所および降圧変圧器変電所機器および導体、配電機器の導体および電線、送電線導体の接続および接続で広く使用されているものストリング、導体、および絶縁体自体の保護には、継手と呼ばれる金属(鉄、アルミニウム、またはアルミニウム合金)のアタッチメントが使用されています。パワーフィッティングは、電源システム内のすべての種類のデバイスを接続および組み合わせ、機械的負荷、電気的負荷、およびある程度の保護を伝達する役割を果たす金属製のアクセサリです。架空送電線に使用されるパワーフィッティングは、ラインフィッティングと呼ばれます。ラインフィッティングは、導体間の接続、絶縁体間の接続、絶縁体とタワー間の接続、および架空送電線の絶縁体と導体間の接続に使用されます。組み立てて操作するのに十分な機械的強度と柔軟性が必要です。
一般的に、ゴールドアプライアンスは、ノードとフォースポイントの場所を接続、固定、転送し、金属と関係する部分などの機能を保護し、これらのノードとフォースポイントの場所に固定されたこの部分の電源ネットワークです。接続の安全要件はより高く、ニーズには特定の仕様があり、クラフトを作る
3be32832


投稿時間:Jul-01-2022

私たちにあなたのメッセージを送ってください:

ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください